美白・美人になるには

美白・美人になるには

■肌の役割は、いろんな刺激を体内に入れないように保護することなのです。美白や美肌を損なうシミやそばかすができてしまう一番の原因は紫外線を浴びてしまうことなのです。
したがって、紫外線を浴びてしまうと、体内への侵入を防ごうとしてメラニンが大量につくられてしまうのです。つまり、肌が黒くなるというのは、体が持っている防御反応なのです。
女性なら美白に対する憧れは誰でも抱いていると思うのですが、あなたはどんなことしていますか?

■しかし、ただ肌をきれいにしたいからと化粧品を使って表面にだけ気をつかう、といった間違ったケアをしている人が意外に多いのです。
紫外線を浴びなくなれば、メラニンの量も普通に戻るのですが、繰り返し紫外線を浴びてしまうと、大量のメラニンをつくり続ける部分ができてしまうのです。
美白に最も効果があるのは、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウムなのです。それ以外にも、代謝を高めるビタミンA、肌をつくるたんぱく質も効果が高いようです。

■1日1.5〜2リットルの水を飲むようにしてください。化粧水は、洗顔し終わった肌に、うるおいをたっぷりと与えるのです。美白成分が保湿成分とともに配合されている化粧水が、美白ケアに使えるのです。せっかく栄養素を摂り、スキンケアを日々頑張っていても、美白にとっては心や体のリフレッシュも大切になっているのです。
疲れやストレスをため過ぎないようにしてください。
健康な体があってこそ美白になれるというのです。

アンチエイジングケアで欠かせない「美白」です。シミやくすみなどのない、白くて美しい肌は憧れでもあり、理想でもありますよね。
そんな美白を実現するために効果的な成分はとても多くあるのですが、そのうちの一つが「プラセンタ」です。
プラセンタは、今では美容成分の代表的なものとなって知られていますが、プラセンタとは「胎盤」のことを言います。
美容のために使用されるプラセンタは牛、豚、羊、馬、の胎盤を使われることが多いです。
プラセンタにはコラーゲン,ヒアルロン酸、ペプチド、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど豊富な美肌成分を含んでおり、肌を乾燥から守り、常に潤いある肌へと導いてくれます。気になる、プラセンタ 美白の効果ですが、もちろん効果はあります。
ただ、プラセンタを含んだスキンケア化粧品などを肌につけたからといって、直接色が白くなるわけではありません。プラセンタには代謝を活性化するという効果があります。
ただ美白効果があるのは間違いなしです。
posted by jinsei at 22:55 | 美容・健康・ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。