紫外線からお肌を守るには

紫外線からお肌を守るためには

UVカットなどの日焼け止めクリームの使用は、紫外線を防止するための対策方法として一般的なものだといえます。一般に、紫外線による健康被害が広く知られるようになってきました。
紫外線から肌を守るには、まずは紫外線防止用のクリームなどを塗ることです。これで紫外線のダメージを直接肌が受けるのを和らげてくれます。
しかしながら、「クリームを塗ったから肌を出しても大丈夫」と思っている方が多いのですが、クリームを塗ったからといって100%の紫外線を防げるわけではありません。
ですから、できるだけ肌を直射日光から避けるようにする必要があります。

(例をあげると)
1・長袖の服を着る、帽子をかぶり顔に直射日光が当たらないようにするなどの対策を行うようにして肌を守りましょう。

2・紫外線に含まれる強度のUVBは目にも影響を及ぼします。
目が強度のUVBにさらされると、紫外眼炎や白内障などを引き起こすこともあるのでメガネやサングラスなどの利用は、目の紫外線防止対策として良いでしょう。

わずかな紫外線防止効果が、通常のメガネにはあるといいます。ガラス製のものより、プラスチックで出来たレンズのほうが殆どの紫外線の防止が出来る場合があるそうです。紫外線による眼や視力への影響が心配な場合は使用しているレンズがどのような素材で出来ているかを知ることで紫外線防止がどの程度できるのかを知ることが可能です。
紫外線をコンタクトレンズはほとんど吸収し網膜を保護するので、高い紫外線防止効果があるといいます。
目の保護ということでサングラスやめがねをかけるといいということがわかりました。

ヒアルロン酸とコラーゲン人体を構成するために欠かせないたんぱく質のうち30%はコラーゲンです。軟骨や骨、靱帯、真皮に集中していることが知られています。コラーゲンは体中にあるたくさんの細胞同士をつなぐ役割と、弾力と強度に優れています。細胞や、器官をつなぐ個所に使われています。
ヒアルロン酸と同じように、コラーゲンも歳月の経過によって少しずつ減ってしまいます。
それだけでなく、体内に存在するコラーゲンも年と共に劣化してしまうといいます。
古いコラーゲンが分解されないと、肌に新しいコラーゲンは再生しない為、肌の弾力を失いしわやシミなどができてしまうのです。美肌効果の他にもコラーゲンやヒアルロン酸は、関節痛や靱帯のケアにとても役に立ちサプリメントによく利用されています。
posted by jinsei at 22:59 | 美容・健康・ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。