ファンデーション選びのコツ

ファンデーション選びのコツ

■ファンデーションの種類と役割そして選び方
ファンデーションの役割というものがあります。
ァンデーションは、紫外線、乾燥、ホコリ、チリなどの外的要因から肌を守るとともに、お肌の凹凸、シミなどのない美しい肌を演出してくれます。
もちろんお肌のクスミや睡眠不足による目のくぼみなど女性にとっては対敵です。
ただ、自分のお肌に合っているか、季節に適用しているかが大事であり、ファンデーションといっても種類がたくさんあります。
ファンデーションの種類、どのようなお肌や季節に合うかをご紹介します。
それと化粧品はファンデーションに限らず(チークなども含めて)ですが、「発色」「艶」「カバー力」が重要ですね。

■パウダーファンデーション
パウダーファンデーションは、粉おしろいのことで、メイク後の仕上げで使用したり、テカリを押さえるのに使用します。
お肌への負担が少ないため、敏感肌の方にもオススメです。
主にメイク直しで使用したりします。
最も一般的に多く使われており、水に含ませるタイプと含ませないタイプの2wayがあります。
水を含ませて使用するタイプは、スポンジに水をつけ製品をとり、肌上で伸び、水分が乾燥すると塗膜がのこります。水を含ませないタイプは適当な下地と合わせて使用すると化粧が崩れにくくなります。
最近では、どちらでも使えるという2wayの製品が出ているため、手軽に化粧ができます。

■リキッドファンデーション
乳液やクリームに色素顔料を混ぜたタイプのファンデーションです。
油性乳化型ファンデーションとして一般的に多く販売されています。
安定性をよくするため、添加剤や防腐剤が配合されてるため、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。
耐水性に優れているので、汗をかく夏場や、運動時に適しています。
また油分が多いため、乾燥肌の方や秋冬の季節などの乾燥時期に使用すると良いでしょう。
ただ、今では夏用のリキッドファンデーションも増えており、日焼け止め配合や油分少なめで化粧崩れしにくいのもあります。

油性ファンデーション最も一般的に多く使われており、水に含ませるタイプと含ませないタイプの2wayがあります。
水を含ませて使用するタイプは、スポンジに水をつけ製品をとり、肌上で伸び、水分が乾燥すると塗膜がのこります。水を含ませないタイプは適当な下地と合わせて使用すると化粧が崩れにくくなります。
最近では、どちらでも使えるという2wayの製品が出ているため、手軽に化粧ができます。
また季節を問わないため、オールシーズン使用することができます。
混合肌、油肌、乾燥肌というどのようなお肌にでも大丈夫です。

■このようにさまざまなファンデーションを使い分けることによってお肌の調整にとってもよいのだ。
ファンデーションは紫外線カットにもなるので美肌や美白の予防へとつながるのです。
ぜひファンデーションを使い分けるようにしましょう。
posted by jinsei at 01:00 | 美容・健康・ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。