お金について

お金について

お金は、公平な物々交換をするために存在するのであって、決して働かなくても生きていける人を作るために存在するのではない。株は、バブルを生み出すために存在するのではなく、生活する上で余分なお金のある人が、その会社を応援するためにあるのである。先物取引は、仲介業者が損をしないために、実取引とセットで使うものである。決して単独で使い、金儲けをするためにあるのではない。
楽をして金儲けをし、人より多く残った時間を、生まれてきた理由を考え実行するのに使うならば、まだ意味があるが、更に多くの金を儲けるために使うのでは意味がない。
完全にお金に振り回され、人生を見失った人の生き方である。

☆自分の運命をコントロールする。
これはどういった意味でしょうか?
運命をかえるということなのでしょうか・・・・・
うまくやっていく、つきあっていくということですね。
収支バランスの見直しを行い、お金の管理を適切に行うたったひとつの理由は、お金持ちになるのが目的なのではなく、「自由」になること、に他なりません。上記1〜4はそのための手段に過ぎない。人生をある程度コントロールするためには、お金の心配から解放されなければなりません。
手段と目的とを取り違えないようにしたいですね。

お金を管理する
収支バランスの見直しはフロー面からの対策ですが、ストック面からの対策も重要です。例えば、有利子負債は早急に清算するとか、何かあった時にしか手をつけない生活防衛資金を積んでおくといった対策のことです。
生活防衛資金とは、例えば数カ月分の生活資金をいつでも取り出せる流動資産(預貯金等)で別途管理しておくことをいいます。
これは会社が倒産するとか、解雇されるとか、その他予期せぬ事態への備えとしておきます。
有利子負債を一掃し生活防衛資金も十分に積んでいるのなら、その次のステップとして余剰金を運用する方法を考えることになります。
言い換えると、収支管理がデタラメで、かつ借金があり生活防衛資金も積んでいないような状態を産運用を行っても意味が無く、危険でもあります。
運用をあれこれ考えるのはやるべきことを片付けてからです。

お金はとても大切である。無駄なお金だけは使わないようにしましょう!!
生きていくうえでもっとも大事なことである。
溜まってもすぐになくなってしまいものでは関心いけませんね。がんばって貯蓄をしましょう。
posted by jinsei at 00:55 | 金融
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。